サイノウラボ #3「ぼくらがメディアアートをやる理由」

10/4にサイノウラボ3回目、
本業で会社員を続けながらデジタルアート作品を作る3人を呼んで、なぜ副業で制作活動を続けるのか、また続けるコツ(志)を聞いてみました。
彼らとの出会いはBAPA(デザインとプログラミングを駆使して、チームで作品を作る学校)に生徒として応募してくれたことがきっかけでした。
出てもらった主旨は「人柄もすごく良くてモノづくりに対するストイックな姿勢(純粋に人を喜ばせてみたい)を周りの人が見たらきっと好きになるだろうな」という動機です。

とても思い出深いイベントになりました。
詳しくはこちら↓

#3 ぼくらがメディアアートをやる理由|後藤 映則|Ryo Kishi |水落 大