サイノウラボ #2「演出からうまれるデザイン」

9/6にサイノウラボ2回目、演劇をバックグラウンドに持つ若い女性クリエイターをお呼びしました。古屋遥さん、くぼたえみさん、私はこの二人が持つ、何かを伝えたい時、妄想する感性がとてもワクワクするので大好き。

古屋遥ちゃんとは、仕事の話はなんどもしていたんだけれど、今回くぼたえみちゃんとは、ワークショップを企画するにあたって彼女の物作りに対する直向きさにジーンとさせてもらった。

”登壇するんなら、ちゃんと参加者にいいもの持って帰ってもらいたい!”

テーマの確認、参加者属性、ワークショップの素材作り(=どんな結果をもたらすかシュミレーション)2週間ずーっとチャットや電話のやりとり。

気鋭のアートディレクターがこれをやって、しょうもないイベントができるはずはなく、、、
とても印象的なイベントになりました。
詳しくはこちら↓

アーカイブ