TWDWの反響とリンダ・グラットン教授からもらったメッセージ

「TOKYO WORK DESIGN WEEK2013」4/19(金)キックオフイベント@渋谷ヒカリエ開催を1週間ほど前に発表してから、反響がすごく、ボランティア含め問い合わせを沢山頂いています。トークセッション、仕事体験プログラムは残席がまだありますが、ネットワーキング・パーティーでは既にチケットが完売!ありがたいことです。

 

メッセージの中のひとつでは、「スピーカーの面々が素晴らしい、本当に当日が待ち遠しい、このようなイベントを企画してくれて感謝します」というメールもあり感動します。

 

変革の時代で、シゴト・働き方をデザインするトップランナー、モデレーターたちが一同に集まり、これからの働き方について話すセッションは素晴らしいものだと確信をしています。

 

また、リンダ・グラットン教授からもらった応援メッセージのとおり、皆さんとアイデアをシェアする機会も楽しみにしています。

現在、プロデューサーの横石が、参加者の皆さんが有意義な時間だったと感じてもらえるか?

現在細部の調整、各種応対に朝から晩までめまぐるしく動いています。

ご存じのとおりモデレーター陣はとても素晴らしいのですが、事務局が小さく、至らないことがありましたらスミマセン。。。

ではご参加の皆様、当日一緒に考え、学び、アイデアを交換できること楽しみにしています。